公演一覧

VOL.21リーディングライブ 「わたしはピアノ。」

「GINZA LIBERTANGO」
2022.5/5(木/祝)〜7(土)

出演和泉ちぬ/多井一晃/田口真理子(ピアノ)
脚本小鹿坂はらひと
演出遠藤理史
音響荒木まや
照明鈴木章夫
会場GINZA LIBERTANGO
[銀座リベルタンゴ]東京都中央区銀座5-10-6 第一銀座ビル7階 
Tel 03-6875-9899

ピアノ調律師の五十嵐(多井一晃)は、体育会系のガサツな男。「お前はピアノの声が聴こえてない」と先輩に言われオンボロピアノと格闘していたある日。
「あー、変なとこ触ってんじゃないよ!出る音も出なくなっちまうよ」「え?ピアノがしゃべった?」
ピアノ(和泉ちぬ)は五十嵐の仕事ぶりにダメ出しをしながらも、自らの人生を語りはじめる……
様々な人との出逢い、様々な場所で奏でられた様々な音楽の記憶。二人の出逢いの先には、どんな「音楽」が待っているのだろうか……!?

VOL.20リーディングライブ 「勝手にワールドツアー」
 〜ヴァイオリニストとコモリスト〜

イタリア料理「Ricordi (リコルディ)」
2021.12/25(土)〜27(月)
2022.1/3(月)〜5(水)

出演和泉ちぬ 西原みつる
演奏高橋 誠(violin) Tito Monte(piano)
脚本小鹿坂はらひと
音響・照明サウンドタイフーン
演出遠藤理史
会場イタリア料理「Ricordi (リコルディ)」
千代田区三番町14-10 三番町天竹ビル1F

引きこもりの青年の元に届いた一通のメールは、
なんと同居しているはずの母からのもの。
「おかんは、旅にでました。念願のワールドツアーを始めます」
今は主婦、でも青年の生まれる前はバイオリニストだった母。
なんのことやら、と首をかしげるが、
演奏データ付きのメールは世界各国から次々と届く!
『バイオリニスト』おかんの謎の珍道中は?
そして「コモリスト」の息子の運命やいかに!?

VOL.19リーディングライブ 君に弾く物語、オンライン

イタリア料理「Ricordi (リコルディ)」
2021年3月13日(土)〜28日(日)

出演和泉ちぬ
ピアノ演奏D flat
脚本小鹿坂はらひと
演出遠藤理史
⾳響・照明サウンドタイフーン
(萩原正典、萩原ゆたか)
会場イタリア料理「Ricordi (リコルディ)」
千代田区三番町14-10
三番町天竹ビル1F

ベテランピアノ講師、⽔⽥さくら。派⼿ではないが誠実に勤めてきたさくらの講師⼈⽣にも、コロナ禍の影響で苦⼿なデジタル化の波が押し寄せた。そんな⽣活も半年を越え、さすがに少しは慣れたかな、という時。
リモート教室に不思議な男性が現れた。
カメラは使わず⾳声だけ、名前は名乗らずニックネームのみ。
冷やかしなのかと思いきや、意外に熱⼼な⽣徒で……⼀体彼は何者なのか?
そして、さくらは無事にリモート講義ができるのか……?

VOL.18 リーディングライブ わたしはピアノ。

「Body Ⅱ Soul」
2020年1月17日(金)〜18日(土)

脚本小鹿坂はらひと
演出遠藤理史
出演和泉ちぬ
田中俊亮(F'sCompany)
ピアノ演奏小國雅香

体育会系なガサツな男、五十嵐(田中俊亮)は、新米調律師。(お前にはピアノの声が聴こえていない)」。そのセンスと力量の無さを憐れんで、調律練習用にピアノを一台用意してくれた。おんぼろピアノと格闘する日々の中で突然、妙な出来事が。「あー、変なとこ触ってんじゃないよ!出る音も出なくなっちまうよ」それは正に『ピアノが発した声』だった!「え?俺、おかしくなっちゃった?」ピアノ(和泉ちぬ)は五十嵐の仕事ぶりにダメ出しをしながらも、自らの人生を語りはじめる……
様々な人と出逢い、様々な場所で奏でられた様々な「音楽」の記憶。
二人の出逢いの先には、どんな「音楽」が待っているのだろうか……!?

VOL.17 「勝手にワールドツアー」

ヴァイオリニストとコモリストー

「ルーテル市ヶ谷ホール」
2019年11月9日(土)

脚本小鹿坂はらひと
演出遠藤理史
音響荒木まや
照明鈴木章夫
宣伝美術宇田川薫
HPデザイン前田秀彦
制作ア・テンポ
主催「言葉紡ぎ」実行委員会
協力パソナグループ パソナハートフル 
黒鯛プロデュース
出演和泉ちぬ 木口健太
演奏ヴァイオリン・高橋誠/ ピアノ・田口真理子/
ギター・ Falcon
Painter「アート村」アーティストの皆さん

大塚グレコからスタートしたこの演目。
2015年には、下北沢音楽祭 25 周年記念クロージング公演に選ばれ、そして、今回は、2020年オリンピック・パラリンピックの文化事業の文化オリンピアードに選ばれました。
ジプシーバイオリン、ピアノ、ギター、そして、リーディング、そして新たに、アートが加わり…いろんなものが積み重なって言葉紡ぎの世界に、響きあうリーデングライブ に 皆さまをお誘い致します 。

VOL.16 初めまして、千里先生

「中村中学校・高等学校 フェニックスホール」
2019年1月4日(金)〜6日(日)

企画・脚本小鹿坂はらひと
演出遠藤理史
音響荒木まや
宣伝美術宇田川薫
HPデザイン前田秀彦
制作楠章二
協力スタッフ梅沢辰也 飯田ひろみ 金子茉矢
出演和泉ちぬ 札内萌花 梅沢辰也

物語の舞台は創立70周年の伝統ある高校。創設者は人格者の誉れ高い七福千里という女性校長。20年も前に他界しているが、今も 信奉者は多い。
その千里先生をAI千里先生として現代に蘇えらせよう!というプロジェクトが、新し物好きの校長の発案で創立70周年事業として決定。
そのリーダーに任命されたのが、千里先生の曾孫にあたる新人教師 の七福麻里だった!
図らずも目の上のタンコブの祖先と出会うことになってしまった麻里。 AI千里先生と麻里の奇妙な交流は、実は大正モダンガールだった 千里先生の実像を浮かび上がらせていく。そして...

VOL.15 笑うシェイクスピア 黒鯛版「恋の骨折り損」

「池袋シアターグリーン Box in Box THEATER」
2017年10月18日(水)〜22日(日)

企画・脚本小鹿坂はらひと
演出遠藤理史
演出協力池屋喜彩
美術斉藤健治
照明和田東史子
音響荒木まや
劇中楽曲作製肥後憧子
舞台監督小川信濃
協力スタッフ山内祐宜子
HPデザイン前田秀彦
宣伝美術宇田川薫
衣装イラストmoeco chalk art
宣伝写真小池和正(金の星スタジオ)
制作髙橋真美 楠章二
協賛南野章
出演和泉ちぬ  平川和宏 星奈優里  宮原将護 
松下萌子 今村裕次郎 島崎裕気 SONIC

デビュー30周年を迎える老舗女性アイドルグループのメンバーと、彼女たちの事務所を 買収した曰くつきの面々が恋に落ちてしまったら...

VOL.14 テラバン

~私たちがお寺のお堂で
 バンドをやる羽目になった理由〜

築地本願寺内「ブディストホール」
7月28日(木)〜31日(日)になった理由〜

脚本小鹿坂はらひと
演出遠藤理史
美術斉藤健治
照明鈴木章夫
音響荒木まや
舞台監督酒井詠理佳
制作山内祐宜子・髙橋真美・楠章二
HPデザイン前田秀彦
宣伝美術宇田川薫
出演和泉ちぬ 谷ちえ子 ノモガクジ 北河多香子 
歌川貴賀志 
芦田昌太郎 市原康 高山和之 
逸見宣明 多井一晃 
田辺千香 肥後憧子

郊外の、ある由緒正しいお寺。
歴史豊かなそのお寺は、檀家減少と経営者危機にさらされていた。
そこに帰ってきたのは、問題を抱えた1人の女。
それを機に、お寺に関わる人々が、どうしてお寺で
バンドをやる羽目になってしまったのか⁉︎

VOL.13 
リーディングライブ 勝手にワ〜ルドツア〜

~バイオリニストとコモリスト〜
「北沢タウンホール」
2015年7月12日(日)

脚本小鹿坂はらひと
演出遠藤理史
制作山内祐宜子
宣伝美術宇田川薫
HP制作前田秀彦
出演和泉ちぬ 木口健太
演奏高橋誠(Vn) 遠藤律子(Pf) 市原康(per)

引きこもり青年の元に届いた一通のメールは、なんと同居しているはずの母からのもの。
「おかんは、旅に出ました。念願のワールドツアーを始めます」 今は主婦、でも青年の生まれる前はバイオリニストだった母。
なんのことやら、と首をかしげるが演奏データ付きのメールは世界各国から次々と届く!『バイオリニスト』おかんの謎の珍道中は?
そして『コモリスト』の息子の運命やいかに!?

VOL.12 ② ピアノレッスン、なう。
<芦屋公演>

「芦屋Left Alone」
2014年12月7日(日)

企画・脚本小鹿坂はらひと
脚本池谷雅夫
演出遠藤理史
音響荒木まや
HPデザイン前田秀彦
宣伝美術宇田川薫
協力スタッフ大谷よしみ 山内祐宜子
主催中京テレビ放送
制作IF STUDIO JAPAN
出演和泉ちぬ 高山 都 佐藤正宏 由夏 市原康 
高山和之 
春日井こずえ 宮島朋宏 / 小原孝

何の取り柄もない平凡な主婦、ひびき。娘の結婚をきっかけに、何故か披露宴の場でピアノを弾きたいと思い立つ。 3日でピアノを弾けるようにするというオカシなピアノ教師の元、ひびきはレッスンに励む。 しかし、娘の思惑、夫の思惑、親戚の思惑…さまざまな思いが披露宴会場で乱れ飛び、話は思わぬ方向へ…

VOL.12 ① ピアノレッスン、なう。
<名古屋公演>

「三井住友海上しらかわホール」
2014年12月5日(金)

企画・脚本小鹿坂はらひと
脚本池谷雅夫
演出遠藤理史
音響荒木まや
HPデザイン前田秀彦
宣伝美術宇田川薫
協力スタッフ大谷よしみ 山内祐宜子
主催中京テレビ放送
制作IF STUDIO JAPAN
出演和泉ちぬ 高山 都 佐藤正宏 由夏 市原康 
高山和之 
春日井こずえ 宮島朋宏 / 小原孝

何の取り柄もない平凡な主婦、ひびき。娘の結婚をきっかけに、何故か披露宴の場でピアノを弾きたいと思い立つ。 3日でピアノを弾けるようにするというオカシなピアノ教師の元、ひびきはレッスンに励む。 しかし、娘の思惑、夫の思惑、親戚の思惑…さまざまな思いが披露宴会場で乱れ飛び、話は思わぬ方向へ…

VOL.11 
リーディングライブ
勝手にワ〜ルドツア〜

~バイオリニストとコモリスト〜

「ライブハウス大塚GRECO(グレコ)」
2014年6月7日(土) ~ 6月8日(日

脚本小鹿坂はらひと
演出遠藤理史
制作山内祐宜子
宣伝美術宇田川薫
HP制作前田秀彦
出演和泉ちぬ 木口健太
演奏高橋誠(Vn) 井上ゆかり(Pf)

引きこもりの青年の元に届いた一通のメールは、なんと同居しているはずの母からのもの。
「おかんは、旅にでました。念願のワールドツアーを始めます」
今は主婦、でも青年の生まれる前はバイオリニストだった母。
なんのことやら、と首をかしげるが、演奏データ付きのメールは世界各国から次々と届く!
『バイオリニスト』おかんの謎の珍道中は?
そして「コモリスト」の息子の運命やいかに!?

VOL.10
<第10回記念公演サントリーホール共催>ピアノレッスン、なう。

「サントリーホール ブルーローズ(小ホール)」
2013年10月30日 ~ 11月1日

プログラム
ディレクター
河野彰子
企画・脚本小鹿坂はらひと
脚本池谷雅夫
演出遠藤理史
美術斉藤健治
照明鈴木章夫
音響荒木まや
舞台監督吉村 悟
HPデザイン前田秀彦
宣伝美術宇田川薫
協力スタッフ大谷よしみ 沼田康弘
出演和泉ちぬ 弥香 佐藤正宏 由夏 市原康 
高山和之 
吉村美樹 中村僚志 / 小原孝 

何の取り柄もない平凡な主婦、ひびき。娘の結婚をきっかけに、何故か披露宴の場でピアノを弾きたいと思い立つ。 3日でピアノを弾けるようにするというオカシなピアノ教師の元、ひびきはレッスンに励む。 しかし、娘の思惑、夫の思惑、親戚の思惑…さまざまな思いが披露宴会場で乱れ飛び、話は思わぬ方向へ…

VOL.9 愛『ば』、地球を救う!?

「銀座みゆき館劇場(銀座)」
2012年9月7日~9日

脚本小鹿坂はらひと 池谷雅夫
演出T.池澤
企画協力遠藤理史
出演和泉ちぬ 宮島朋宏 宝積有香 山岸拓生 
鉢嶺杏奈 田辺千香

映画館で働く草食青年、相場くん。同じ職場で働く意中の彼女はいるものの、気弱な性格が災いして未だに気持ちを打ち明けられずにいる。
そんなある日、彼の前に未来から来たアンドロイドだという女性が現れる。
「あんたが意中の女の子とキスしないと、未来の地球は大変なことになるんだよ!」
何がなんだか分からんが、バカが付くほど素直な相場くんは、地球を救うために、キスを目指して奔走する。傍若無人な大家さん、一言多い同居人の先輩などなど、いろんな人の協力を仰ぎながら、果たしてキスは成就するのか。そして地球の運命は!?

VOL.8 ジャズ幽霊さん

「サントリーホール ブルーローズ(赤坂)」
2011年7月28日(1日のみ)

サントリーホール開館25周年企画
ブルーローズ「やってみなはれ」プロジェクト
〜音楽のさらなる可能性を求めて〜

脚本 小鹿坂はらひと イケタニマサオ
演出遠藤理史
演奏・出演前田憲男(ジャズピアノ)
出演和泉ちぬ 朝倉伸二 岩渕敏司 宝積有香 
ふじきイェイ!イェイ! 宮島朋宏 田辺千香 
市原康

地方都市の、とあるコンサートホールに、ある日一人の女・観怨(みおん)が招かれた。女の職業は、インチキ霊媒師。閑古鳥の鳴くホールの動員を伸ばす為、有名ジャズミュージシャンの幽霊がコンサートすると嘘をつき、CDを流して大儲けを画策する支配人の誘いに乗ったのだ。さぁ、あくどく儲けよう、とマスコミを招いた時、なんとその場に本物のジャズピアニストの霊が現れてしまった! しかも彼は観怨にしか見えないらしい…「ジャズ幽霊さん」が奏でるピアノの向こうに見えるのは、ウソか、マコトか?

VOL.7 相続してもいいころ

「銀座みゆき館劇場(銀座)」
2010年8月20日~22日

脚本イケタニマサオ
演出遠藤理史
企画小鹿坂はらひと
出演 和泉ちぬ 佐藤正宏 桜岡あつこ  岩渕敏司 
大野裕之 山口あゆみ 
須貝まいこ 市原康(声)

父の四十九日に集まった兄弟三人。ミステリー作家だった父の莫大な遺産をどう分割するのか互いに腹を探り合っていた。そこへ父の遺言書を持ったチャラ男弁護士がやって来る。しかしその遺言書の中身は、ある不思議な条件に一番合った者に「全財産を譲る」というものだった。
各々、自らがその条件に一番合っていると主張し始める三人。その条件とは?そして遺産を手にするのは誰なのか?それぞれの思惑を胸に、珍妙な遺言ゲームが始まった!

VOL.6 異議ある夫婦

~夫婦のことは他人にしかわからない

「銀座みゆき館劇場(銀座)」
2009年7月23日~26日

脚本イケタニマサオ
演出遠藤理史
企画小鹿坂はらひと
出演和泉ちぬ 佐藤正宏 宍戸美和公 石本興司 岩渕敏司 
島崎裕気 
宮島朋宏

家裁の小さな調停室。ある夫婦の、それはそれはありきたりな離婚調停が行われようとしている。ただ、ひとつだけ普通と違うことがあった。それは、夫の弁護をすることになった下町人情派女性弁護士と、妻の弁護を担当するやり手男性弁護士が、かつて嫌な別れ方をした元夫婦であったこと。法廷はいつしか互いの本音をぶつけ合う場になっていく。かつての夫婦の道は、再び交じりあうのだろうか…?

VOL.5 しゃば・だば・どぅ?

「Bフラット(赤坂)」
2005年1月7日~9日

演出福田卓郎
脚本・演出小鹿坂はらひと
演奏・出演かりん(25弦箏) 高岡大祐(チューバ)
出演和泉ちぬ 松井紀美江 市原康 玉井夕海 
片平光 黒岩司 
小田部泰子

日本で初めての開放型刑務所。奇妙で懲りない面々がいるその刑務所に芸能慰問にやってきた一人の女性。南京玉すだれを操る彼女には、慰問以外にある重要な目的があった。壁のない空間に閉じ込められた彼らは、果たして自分の中にある「壁」を乗り越えられるのか…?

VOL.4 B列車で行こう!

「日航ホテル・マグレブ(台場)」
2004年1月8日~11日

脚本小鹿坂はらひと
演出遠藤理史
演奏・出演佐藤允彦(ジャズピアノ)
市原康(ジャズドラム)
出演 和泉ちぬ 星奈優里 藤崎卓也 西原悟 
岩戸嘉保 小田部泰子

地方の老舗ジャズクラブ。そこで出会ったのは、ボーカルのいない二人編成のジャズバンドと、美空ひばり専門のものまね芸人というあり得ない組合せ。とんでもなく珍妙な、一夜のライブが始まる。ひとくせもふたくせもある彼らは、果たして無事に「ジャズライブ」を仕立てられるのか…?

VOL.3 なな転びフラメンコ!

「シアタートラム(三軒茶屋)」
2003年4月11日~13日

脚本鳥子
演出沼田康弘
音楽坂田明
出演 和泉ちぬ 市原康 稲本郁子 真柄佳奈子 軽部春海 
加藤忠可 
薗田正美 高松博美 石川洋行 西崎理乃

関西の格式ある三味線の家元が亡くなった。かつて家を飛び出したままになっていた娘が、帰って来ることに。継承問題と母親との確執…母親と真っ向から向き合ううちに、いつしか、母の愛と哀しさが理解できるようになっていく。

VOL.2 行きあたりばっちり

「東京芸術劇場 小劇場1(池袋)」
2002年1月4日~1月6日

脚本鳥子
演出遠藤理史
音楽渡辺俊幸
出演 和泉ちぬ 丹治大吾 アーサー・ホーランド 市原康 
上原真希子 
岩崎香織 杉浦理史 小倉淳 東海林奈美 
斉藤健治

関西の格式ある三味線の家元が亡くなった。かつて家を飛び出したままになっていた娘が、帰って来ることに。継承問題と母親との確執…母親と真っ向から向き合ううちに、いつしか、母の愛と哀しさが理解できるようになっていく。

VOL.1 なんのこれしき

「シアタートラム(三軒茶屋)」
2000年3月31日~4月2日

脚本鳥子
演出遠藤理史
音楽coba
出演和泉ちぬ 平川和宏 大村波彦 鵜川薫 市原康 
小倉淳 東海林奈美 相沢蛍 野村雄平

今まさに結婚式を挙げようとしているカップル。長年漫才ペアとして活動してきた二人がついに……というのは見せかけで、二人の仲は冷め切っており結婚式は話題作りのためだった。だが直前になって様々な障害が振ってきて、結婚式を無事に行うため二人は心ならずも力を合わせることになり……。